高橋久志眼科医院:秋田県大仙市大曲の眼科医院です

目の病気と治療について
  • 白内障 白内障ってどんな病気?
白内障
1.白内障とは? 
 白内障という病気は、目の中の凸レンズ(水晶体)が濁る病気の総称です。正面から見て、光は角膜、前房、水晶体を通り、網膜に焦点を結び、はじめてものの形が分かります。
  水晶体が濁ると、光がうまく通らずに、視力が悪くなってしまいます。
2.白内障の症状 
 白内障になると、かすみや、まぶしさなどの症状が出て、徐々に視力が低下します。時には、白内障の影響で近視が進行して、近くが見やすくなり、老眼が直ったような状態になることがありますが、遠くを見る視力は低下していきます。白内障の進行が、左右で異なったりすると、ものが二重に見えたりします。
白内障の初発症状
白内障の原因で、最も多いのは老人性のもの。
そのほかには糖尿病性白内障、けがによる白内障などがあります。
3.手術対象となる眼 
  視力の悪くなった眼が、すべて手術の対象となるわけではありません。
  ほかに眼の病気を持たない白内障では、白内障の部分さえ直せば光は奥(眼底)まで届き、視力を回復できます。
  白内障以外に眼の病気を持っている場合でも、手術の対象にすることができますが、病気の種類によっては、視力改善の程度が通常より落ちる可能性があります。
4.眼内レンズにおいて 
 現在の白内障の手術は、特に問題がない限り、濁った水晶体を取り除いた後に、眼内レンズという人工のレンズを入れます。
  これは、日本で一般的に行なわれるようになってからでも20年以上経過しており、現在では、年間80万人も受けるもっとも一般的な手術方法になりました。
  眼内レンズは、直径6mmほどの合成樹脂で出来たレンズで、2ヶ所に固定用の足がついています。
  重さは1mm程度で非常に軽く作られています。様々なタイプのものが発売されていますが、当院では、シリコンでできたレンズを使用しています。
眼内レンズにおいて
5.当院での白内障手術 
 手術は 、毎週火曜と水曜の午後に数人ずつの手術を行なっています。手術方法は、超音波白内障手術と言われる方法で行ないます。
  これは、もっとも一般的で、進んだ手術方法です。
  当院では日帰り手術となっております。
当院での白内障手術

院長紹介院内紹介医療機器初診の方へ目の病気と治療目の基本構造交通・アクセス リンク

Copyright (C) 2010 Takahashi Hisashi Eye Crinic All right reserved.