高橋久志眼科医院:秋田県大仙市大曲の眼科医院です

目の病気と治療について
  • 網膜剥離 網膜剥離ってどんな病気?
網膜剥離
1.網膜剥離とは 
 網膜は、眼球の内側に張り付いた薄い膜で、カメラのフィルムの役割を果たしています。この網膜が眼球内壁から剥がれる病気を網膜剥離といいます。
  網膜剥離には、裂孔原性網膜剥離(特発性網膜剥離)と、ほかの目の病気によって起こる続発性網膜剥離があります。続発性は、原因となった元の病気の治療が主となりますので、ここでは裂抗原性網膜剥離について話します。
2.網膜剥離の症状 
  網膜剥離の初期症状として、最も多いのが飛蚊症です。これは、小さな虫のような点が、眼前に漂ったように見える症状です。無数の点が見えるようなときはとくに要注意です。小さな点は、蜘蛛の巣状に見えたり、より大きなぼんやりとした黒点に見えるときもあります。また、稲光のような光が見えるときもあります。このような時は眼底検査を行う必要があります。
  剥離が進行すると、剥離した網膜に相当する部分の視野欠損が生じます。剥離が黄斑部におよぶと急激に視力低下します。
3.網膜剥離の原因 
  網膜剥離の原因には、加齢や体質、強度近視や、特殊な例としてはボクシングによる外傷などが上げられます。これらの要因によって、網膜に異常な力が加わるようになり、網膜に裂孔が形成されます。すべての網膜裂孔が網膜剥離に進行するわけではありませんが、危険性は高まります。(症例-1:参照)
  症例-2では、視神経乳頭の上方に白く波打った網膜がみられます。この部分が網膜剥離で、そのさらに上方に、馬蹄形の網膜裂孔が見られます。
4.網膜剥離の治療 
 剥離の治療は、原則として症例-1や、症例-2で見られた裂孔を閉鎖することにあります。症例-1のように、剥離の範囲が小さいときには、レーザー網膜光凝固術で閉鎖できます。症例-2のような例では、手術が必要となります。手術は、眼球の外側から行う方法と、内側の硝子体から行う方法があります。どちらを選択するかは、剥離の範囲や裂孔の位置によって異なってきます。
  ほぼ、9割以上の症例が治癒可能な病気ですが、剥離の範囲が広い症例では視力の予後が悪くなります。早期発見、早期治療が重要です。
網膜剥離の症状 網膜剥離の症状

院長紹介院内紹介医療機器初診の方へ目の病気と治療目の基本構造交通・アクセス リンク

Copyright (C) 2010 Takahashi Hisashi Eye Crinic All right reserved.